スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.01.21 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ピアノ

    0
      借家生まれ、借家育ち。

      高度経済成長期、バブル経済とは無縁の、まさに貧乏という言葉が似合う家庭に生まれ育ちました。

      薄給ながらも真面目に働く両親のおかげで、贅沢は一切できないながらも、『ピアノを習う』という高貴なことをさせてもらえたことがありました。

      まあ、周りの友達に合わせて親として仕方なく・・・という理由がありましたが、自分の中では大変嬉しいことでした。小学4年生のことです。

      真面目にレッスンをし、いつしか先に習っていた友達を追い越すことに。

      それまで父親の友人家族が所有していたピアノを借りていたのですが、貧乏人が無理してアップライトピアノを買ってくれました。

      古くて狭くて汚い借家にまったくもって不釣り合いなしろものです。

      とても嬉しかったものです。『ピアノの先生になりたい』そんな夢も持っていました。

      周りの友達が2年程度でやめていく中、私一人だけが続けていました。

      ピアノのレッスンというのは、レベルが上がるほどレッスン料というのも上がり、いつしか1万円程度になっていたと思われます。

      当時中学1年生。塾も通っていました。



      ある日、母親からピアノをやめろと宣告されました。

      恐らく、経済的な負担が大きかったからでしょう。

      泣く泣く嫌だと言うと、他の安い教室に行くのなら良いと言われたのですが、今まで習っていた先生に習いたい気持ちがあって他の教室に行く気は毛頭無かったのです。

      最後のレッスンの日、先生と親を前にして、声を出さずに大泣きしていた自分がいたことを

      今でも、この先も、絶対に忘れません。

      人生最大の屈辱、貧乏に生まれたことの最大の後悔。



      ピアノを習うことをやめたもののピアノは残っているので、自分が最初にしたことは、好きな楽譜を買ってきて我流で弾くということでした。

      『エリーゼのために』

      ピアノをやめて一番最初に弾けるようになった曲でした。



      月日は流れ、大学3年の時。

      やっと貧乏借家を脱出し、一戸建てを購入しました。

      当然ピアノも一緒に引越しだと思ったら、置き場が無いと言う理由で処分されてしまいました。

      恐らく、頭金の足しにでもされたのでしょう。

      ちょこちょこ弾いていたのですが、父親が家にいる時には弾いていませんから、私がピアノなんてとっくに弾かなくなったと思っていたのでしょうか。

      唯一まともな嫁入り道具だと思っていた物すら、奪われてしまいました。

      怒る気力も無かったです。貧乏が全て悪いのだと自分に言い聞かせました。

      いつか、必ず、ピアノを置ける家と、ピアノを手に入れてやると誓った瞬間でした。



      社会人になって最初に買ったものは、電子ピアノでした。

      カシオの7万円程度の安いものでしたが、素人の指慣らしには充分でした。



      結婚して、子供ができ、家も買って、そしてやっと

      ピアノも買いました。







      憧れだった、茶色のチッペンデール(猫脚)

      YAMAHA YUS1MhC-SH

      サイレントピアノなので、夜でも練習できます。

      YAMAHAのサイレントピアノは、普通に弾く時は弦を叩いて音を出しますが、サイレントにするとデジタル録音された音を出します。電子ピアノと違うのはそこ。

      USBメモリに録音することもできるし、デモ演奏も50曲以上入っています。(しかも楽譜付)



      当たり前のように買ってしまいましたが、実はとっても

      喜んでいます。

      イョ━━━━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━━━━!!



      出産の入院手術で医療保険が大きくおりてきたのが購入を踏み切ったきっかけです。

      辛い入院手術生活を乗り越えた甲斐があったってもんですよ。



      我が家に高貴なピアノがあるって、えぇもんですな。

      とーさんも、めーさんも、喜んでおります。

      あとはこれを弾きこなす高度なテクニックがあればもっとえぇのですが。

      とりあえず、お休み中のジャズピアノを復習しつつ、デモ曲50曲を制覇しようと思います。



      高いおもちゃだと思った?

      同じYAMAHAでも、YZF-R1の方が高いんだぜ!

      しかも10年経ったら旧車とか呼ばれて価値ゼロですわ。

      ピアノは10年程度じゃ古いとは言われないし。

      バイク乗り夫婦の買い物は、タイヤ1セットより高いか安いか、車両1台より高いか安いかで判断されてます。



      買ってくれてありがとぅ、とーさん。(=゚ω゚)ノ☆

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.01.21 Tuesday
        • -
        • 23:31
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        いいですね〜〜

        ピアノの音色が聞こえる家って
        なんとなく優雅です
        心の豊かさを感じますね

        がんばったご褒美だけど
        買ってくれたとーさんに感謝ですね!本当に!



        しばらくしたら、もっと高いものおねだりされるかも・・・
        • atom
        • 2013/07/19 11:59 AM
        下手くそな音色なんで、外に聞こえてると思うと少し恥ずかしいですけどね( ̄∇ ̄*)ゞ

        次は3年後にVOXY買い替えなので、贅沢な買い物はしばらくおあずけです!
        • メグ@管理人
        • 2013/07/19 8:19 PM
        コメントする








           

        PR

        infomation

        育児、庭いじり、バイク遊びなどなど、日々のアレコレをそこはかとなく書き綴ってみるブログ。
        ブログランキング参加中。
        人気ブログランキングへ
        ↑↑ クリックお願いします☆

        counter

        合計 :
        今日 :
        昨日 :

        links

        blog ranking

        twitter

        TweetsWind

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス)
        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス) (JUGEMレビュー »)
        くるねこ 大和
        武家のご主人とトラ猫親子のドタバタコメディ。相変わらず笑いあり、涙あり、うまいこと描きますくるねこさん。大人編も楽しみです。

        recommend

        やつがれと枕荒らし―絵本漫画
        やつがれと枕荒らし―絵本漫画 (JUGEMレビュー »)
        くるねこ 大和
        やつがれ3作目。子猫を救う優しい嘘。幸せいっぱいの絵本漫画。是非1作目から通して読んで頂きたい。

        recommend

        冷静と情熱のあいだ
        冷静と情熱のあいだ (JUGEMレビュー »)
        竹野内豊
        好きが高じて、結婚式はフィレンツェで挙げました。街全体が芸術です。一生に一度は行ってみると良い場所です。

        profile

        書いた記事数:165 最後に更新した日:2014/01/21

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM