スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.01.21 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    禁断の魔術 ガリレオ8

    0
      評価:
      東野 圭吾
      文藝春秋
      ¥ 1,470
      (2012-10-13)

      湯川先生ガリレオシリーズです。

      1、透視す(みとおす)
      名刺や鞄の中身を透視するマジックを披露するホステスが殺害された。彼女が何故ホステスという職業を選んだのか、義母との関係に迫る話。

      2、曲球る(まがる)
      戦力外通告を受けたプロ野球投手の妻が殺害された。事件現場と遺留品から妻の本当の想いを探る話。

      3、念波る(おくる)
      双子の妹が離れた地で結婚生活を送る姉の危機を感じ殺人未遂事件発覚。真犯人を追いつめながら、双子に持つテレパシーを解明する話。

      4、猛射つ(うつ)
      湯川の母校で物理研究会の後輩が帝都大学に合格した直後、その姉が不審な死をとげ大学を中退。物理研究会の勧誘パフォーマンスの為に湯川と製作したレールガンを使って姉の復讐を果たそうとする話。


      ぶっきらぼうな福山雅治のイメージで読めるから、読み始めたら早い早い。
      買ったの結構前なんですけどね。でもやっぱり面白い。

      ちょっと前に最新の芥川賞、直木賞作品も買ったのだけど、『abさんご』の読みにくさと言ったらもう・・・というわけで数ページで読むのが止まってます。産後の暇な時に読むことにします。

      プラチナデータも映画化ですね。まだ読んでないんだな。。。読まなければ。
      私的にはマスカレード・ホテルをドラマ化して欲しいな。

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.01.21 Tuesday
        • -
        • 14:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        コメントする








           

        PR

        infomation

        育児、庭いじり、バイク遊びなどなど、日々のアレコレをそこはかとなく書き綴ってみるブログ。
        ブログランキング参加中。
        人気ブログランキングへ
        ↑↑ クリックお願いします☆

        counter

        合計 :
        今日 :
        昨日 :

        links

        blog ranking

        twitter

        TweetsWind

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス)
        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス) (JUGEMレビュー »)
        くるねこ 大和
        武家のご主人とトラ猫親子のドタバタコメディ。相変わらず笑いあり、涙あり、うまいこと描きますくるねこさん。大人編も楽しみです。

        recommend

        やつがれと枕荒らし―絵本漫画
        やつがれと枕荒らし―絵本漫画 (JUGEMレビュー »)
        くるねこ 大和
        やつがれ3作目。子猫を救う優しい嘘。幸せいっぱいの絵本漫画。是非1作目から通して読んで頂きたい。

        recommend

        冷静と情熱のあいだ
        冷静と情熱のあいだ (JUGEMレビュー »)
        竹野内豊
        好きが高じて、結婚式はフィレンツェで挙げました。街全体が芸術です。一生に一度は行ってみると良い場所です。

        profile

        書いた記事数:165 最後に更新した日:2014/01/21

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM