スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.01.21 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    帝王切開

    0
      正直、手術後の痛みというのを舐めてました。
      今回の出産でやっと解りました。

      「帝王切開の術後の痛みは、普通分娩(陣痛)よりも、痛い」

      一人目の出産で普通分娩の予定で陣痛まで来て、お産が進まないとか産道が狭いとか何かの理由で結局帝王切開になったという人が、周りにもちらほらいますが、そんな人たちの共通のセリフが、「二人目はもういい」

      その気持ちが、よーく解った気がします。
      前にも後にも痛い思いして、二人目は絶対に帝王切開になるとわかってたら、もう出産は懲り懲りだ、、、と思っても仕方ない。。。

      私も、三人目は懲り懲りです。
      そもそも将来の家計を考えると、この時期に二人目を産んでギリギリどころかちょっと遅いくらいなので。。。



      今回、人生初めての手術だったわけですが、初にして県内最大の私立大学病院での手術。噂では、某プロ○○監督がお忍びで手術したとかなんとか。医療ドラマのイメージとかなり違っていて、新鮮かつ色々ビックリでした。他人事なら面白いという表現も出てくるけど、正直二度と経験したくないので面白くはない。。

      時系列で振り返ってみましょうか。


      4月30日
      @15時00分頃
      車椅子に乗って集中手術室へ出頭。出棟って書くのかもしれない。
      個人産院だと分娩台の横に手術台があったけど、大学病院は分娩台は産科病棟内にあるけど、手術は全科共通の手術室で行われるらしい。

      @15時05分頃
      手術室通路へ。イメージは宇宙ステーション、もしくはアバターとかに出てくる科学班の研究施設とか。
      何に使われるのかサッパリ解らない大型の医療機器が山ほど置かれた長い通路を抜け、手術室専用の帽子やマスクを身につけた職員や、手術直後と思われるベッドに横たわって搬送されていく患者とすれ違い、最深部に入室。

      @15時10分頃
      手術室内部へ。医療ドラマの手術室のイメージよりも4倍くらいだだっ広い部屋。こんな広い部屋で何人がかりで手術するんだ?とビビる。

      @15時15分頃
      血圧計をつけられて下半身麻酔開始。台に寝転がってパジャマの上を脱がされ、ドクターKが背中から腰椎麻酔を注射。脊髄に薬が入っていく感覚がわかる。

      @15時20分頃
      下半身が痺れてきて、生暖かさを感じる。仰向けになり首元にカーテンがかけられ、首から下が見えない状態になる。パジャマの下も脱がされ、尿管挿入&剃毛。

      @15時30分頃
      手術開始。メンバーはいつもの産科病棟ナースと、可愛い女医さんとドクターK。執刀はドクターKっぽい。見えないけど会話から推測。
      腹でゴリゴリされてるのはわかるけど、腹壁を切られてるのか子宮を切られてるのかは解らない。痛みはないけど、想像できるだけに少し不気味。ナースが色々話しかけてくれるので気が紛れた。ちなみにドクター同士は二人で世間話っぽい。途中で教授が入ってきたらしく、ドクターKの口調が変わって心で笑った。

      @15時45分頃
      赤ちゃんを出そうとしてみぞおち辺りを押さえられる。簡単に出てこないみたいで「大きいな〜」と言っていた気がする。そりゃそうだ。2週間前の超音波検査で2400gだって言ってたんだから、36週だし、せいぜい2600gくらいだろうなと医師も看護師も患者も思ってた。ドッコイ、3000g以上あったのが事実。

      @15時48分
      出産。おめでとうございまーすコール。
      カーテン越しにチラッと見せてくれたけど、血だらけだからか本当に顔だけ一瞬。
      体を洗ってから顔の横に連れてきて見せてくれた。上の子そっくり。にしても、2800gしかなかった上の子よりも頭は小さく感じた。小顔か?

      @15時50分以後
      胎盤が癒着していた場合、全身麻酔に切り替えられ子宮摘出となるのだが、全身麻酔されずに縫合され終了。子供は先に産科病棟の病室で待つ家族に面会。

      @16時30分くらい
      手術室で病棟ベッドに乗せられ病室帰還。
      終わった終わったと帰っていく家族を横目で見送った後は、しばらく記憶がない。

      @その後深夜まで
      麻酔が切れてきて、腹部の激痛に襲われる。切開の痛みなのか子宮収縮の痛みなのかサッパリ解らないが、とにかく声にならないくらいの激痛。発熱しているため汗だく。顔は脂汗でべったり。
      痛ければ痛み止するから我慢しないで良いと言われていたので、遠慮なくナースコール。筋肉注射2回、座薬2回してもらう。筋肉注射がこれまた激痛。
      実は私自身も帝王切開(逆子が理由)で産まれているため、母親の苦労を思ってこの期に及んでいろいろと深く反省。

      @翌朝〜昼
      いつの間にか朝、まさに峠は越えましたという感じ。尿管も抜かれる。
      痛いと言えば痛いけど、床擦れもしてきて、このまま痛いからって寝っぱなしになっていたら、いつまでも痛い痛いと言っていそうだったので、とりあえず起きてみる。もちろん看護師付き添いで。起きるときに腹筋が使えなくて激痛。ひたすら腕力にものいわせて起きてみる。
      一度トイレまで歩いてみる。亀並みの時間をかけて歩く。腹筋に負荷をかけないようにすると背筋が痛くなってくる。年寄りの腰が曲がる理屈が解った気がする。
      歩いてみたら吹っ切れた感じがして、寝起きを繰り返すよりも起きっぱなしの方が楽。
      看護師陣に「早っ、もう起きてる」と何度も言われるので、「起きない人いるの?」と聞いたら、「手術翌日は寝っぱなしって人、結構いますよ」と。あれだけ翌日には歩け歩けと脅しといて。。。



      というのが術前、術後の様子。

      手術翌日夜から授乳を始め、母児同室で就寝。痛いのでいちいち起きるのが面倒だったので、ベッドの上で添い寝、添い乳。
      子宮収縮の痛みは術後4日くらいでなくなりました。切開跡の方がいつまでもピリピリ痛い感じです。

      明日は待ちに待った退院日。
      少々、寂しいような気がしなくもないです。

      出産。

      0
        13674625499080.jpg
        4月30日、15時48分、帝王切開にて無事出産。

        女の子、3020g、36週1日の割には大きめ。

        顔は上の子そっくり。

        二重がハッキリしてるので、どっちかというと私似かな。

        術後二日目ですが、結構平気な顔して動いてます。

        痛いと言えば痛いけど、気の持ち様かなという気がしなくもない。

        手術の感想はまた後日。

        明後日

        0
          スマホって、パケホーダイ的な料金設定にはなってるけど、データ通信量が7GBを超えると当月の通信速度が携帯電話より遅くなるんですね、という罠にハマってます。

          今までは家にいればWi-Fiで通信してるし、出掛けてもさほど通信することもなかったからLTEでの通信量なんて仕事行ってる旦那より格段に少ないくらいでした。

          入院中の暇潰しにちょこちょこ動画見たりアプリをダウンロードしていたら、入院開始から18日後に7GB制限に引っ掛かりました。。病棟内は一応Wi-Fiのアンテナが立つけど、パスワード設定してあるので使用不能。医療関係のPCやタブレットにつながってるから当たり前なんだろうけど。

          制限されると通信速度128kbpsになるわけですが、どんなもんよってところですが、数字だけで見ればISDNの倍速というレベル。

          ここ10年程度でPCでインターネット始めましたーって人とか、何それ?って感じなんでしょうけどね。

          分かりやすく言うと、動画は見られません。タイムアウトします。
          画像は軽いものなら気長に待てば見られます。
          mixiやFacebookにスマホからアップロードされたであろうMB単位の画像は、イライラしながらも待てば見られなくもないですが、一発表示されることがないです。
          アプリのダウンロードはもちろん出来ないどころか、更新もできないので物によってはログインすら出来なくなるという始末。常に通信する対戦ゲームアプリは絶対できません。

          メールの送受信は出来ます。画像も軽ければ添付できます。LINEも同様。
          ネット検索やネットショッピングも出来ます。画像が多いとちょっと待たされますが。
          ラジオは問題なく聴けます。最初のバッファリングにちょっと時間かかるくらい。ただしネットしながら聴いてると、途中で切れる可能性大。

          そんなわけで、私のスマホはガラケー以下になりさがってます。
          不便、というより、快適さに欠けるという感じ。元々はこんなんだったわけだし。
          ラジオが聴けるだけマシかと思ってます。
          5月に入れば制限解除されるはずなので、今しばらくの我慢。



          帝王切開が明後日にまで迫りました。
          長かったです。
          やっとお産セットも貰えました。

          本来なら手術前日午後から入院なので、明日から入院という予定なんですが、私はいつも通りです。違うのは、夜9時以降は何も食べられないというだけで。

          手術は明後日の午後です。時間不明。
          産後の報告は翌日になるかも。
          いかんせん、128kbpsなんで。。。( ノД`)シクシク

          貯血と母親学級

          0
            5日後に帝王切開ですよ。うは、ドキドキだわ。

            手術で少なからず流血はするので、輸血に備えて自分の血を貯血しておくわけですが、貧血値が低いと血を抜けないんですよ。献血と同じです。

            妊娠中って胎児に血を持ったいかれるので、およそ貧血気味な妊婦が多いわけですが、私も例に漏れず貧血タイプ。

            血液検査して数値が11あれば血を採っても良いよと言われるのですが、

            鉄剤点滴して一度目の検査で10.6

            鉄剤2倍量にして二度目の検査で10.9

            ・・・

            私:0.1点くらいオマケしてよ( ̄皿 ̄;;

            女医:したいけど、規則だからねー(´-ω-`)

            なんか、110点で合格なのに、1点ミスして試験に落ちた受験生みたいな気分。


            さらに鉄剤2倍量点滴を続けて、今日やっと合格点。

            ドクターK:採るよ!( ゜∀゜)b゛

            私:Σd(゜∀゜ ) やっとですかい!

            輸血部の手練れナースがやってきて、400ccの血を持っていきました。終わってからクラクラするのかと思ったらそうでもなくて拍子抜け。



            午後から母親学級があって参加。どこの産院や自治体でもあることなので、経産婦だとなおさら今さらという気がするけど、今回は帝王切開クラスということで参加。

            すでに入院中の私と、初産婦さん2名のたった3名だけ。オマケで医療専門学校の学生さん2名見学。先生は出産未経験の助産師さん。つまり、出産経験があるのは私だけ。

            既に手渡されてるプリントに沿って、入院から手術、退院までの説明がなされて、あとは、私の経験談をつらつらと披露。勝手知ったる経験者はどんな教科書よりも勝るということで。

            出産育児にあたって準備しておいた方が良いもの、と聞かれると、育児マニュアルに書いてあるものは一通り持ってれば安心だけど、それより、無くても良いものは山ほどあるよ、という話をしましたよ。

            例えば、ベビーバス。生後1ヶ月で一緒に風呂に入れるから、立派な風呂買う必要なし。洗面台をきれいにしてから湯を張って沐浴すればそれでOK。そうでなければ、プラスチックの収納ケースを洗ってキッチンなり風呂場でお湯張って入れたらそれで充分。知らない人には目から鱗。

            哺乳瓶消毒用のプラスチックケースやトングは、ミ◎トンなどのメーカー品を買うと数千円の出費になるけど、ダイソーのパン1斤入る蓋付きのプラケースとキッチン用品の100円トングで充分。

            チャイルドシートは、車移動の多い人は産前に買ったほうが良いけど、ベビーカーは後からでも良い。どうせ生後1ヶ月はほとんど出歩かないし、抱っこしても疲れない。2〜3ヶ月で欲しいなと思ってから店に行って、実際に我が子を試乗させてみて買っても遅くない。

            抱っこヒモは、コンビやアップリカなどのゴツいのがあると、長時間の抱っこオンブは楽。それもあれば良いけど、コンパクトに畳めるワンショルダー型のスリングはあると便利。ちょっとしたお出掛け時にバッグに入れておけばサッと取り出してサッと抱っこできるから、両手が塞がることがないし腕も楽。しかも夏場にも暑くない。

            初夏〜夏生まれの子は、家ではしばらく肌着に布団代わりのタオルで充分。産前に着るか着ないか解らない服は買わない方が良い。

            他に必要な物が出てきたら、その時々で買った方が良い。誰かがくれるかもしれないし、案外無くてもなんとかなるかも。通販で買っても良いけど、同じもの似たようなものを楽天の最安値で買ったら、数日後には家まで届けてくれるから便利。

            新生児用の紙おむつは大量買いしない。すぐにサイズ変更するし、肌に合わなければ捨てなくちゃならない。お祝いでオムツケーキとか貰っちゃうかもしれないし。

            とか、そんな経験談。
            マニュアルに従って物揃えてると、万単位の出費になるけど、無くてもなんとかなるものなんて山ほどあるよ、という節約術みたいなお話。
            皆、ヘェェェなるほど!って感じだったので面白かったですよ。

            予防接種は、予防接種の為だけに行くできるだけ混まない医院や診療所を見つけるのがベスト。人気の小児科とかに行くと、予防接種だけで予約1ヶ月以上先とか当たり前。予約当日に熱でも出されたらまた予約待ちになるからたまらない。
            薬の苦手な子は、甘い薬を処方してくれるところもあるから、そういう医院を掛かり付けにすると良いよ。

            あとは、育児のために自分を追いこまないとか。
            手抜きできることはトコトン手を抜くとか。
            上の子の時、夏の夜中の授乳で暑さと眠気と飲み足りているのか判らない不安感から、母乳から目に見えて飲んだ量が分かるミルクに変えました。ミルクにお金はかかるけど、それで自分の負担が減るならそれでもいいやと割り切り。


            この後、病棟見学だけど現在満床ということで、私の病室で良ければ見学どうぞと提供。

            皆、初産婦で大学病院に来てるから、個人産院のゴージャスさとか知らないんですよ。一応ここの病院でも産後にお祝い膳って普段の病院食よりも豪華な食事が出るらしいですが、個人産院のフレンチのフルコースをシェフ呼んで作ってくれて、旦那の分までご馳走してくれるのを言うと、産めるならゴージャスな個人産院で産みたいよね、もう無理だけど。。全員でガッカリ感。


            とにもかくにも、皆して無事に手術終えて可愛い赤ちゃんと一緒に帰れるようにもうしばらく頑張ろうってお開き。


            5日後、帝王切開です。ドキドキ。

            何時に手術なのか未だに知らないのだけど、早く終わるといいな。

            10日後

            0
              帝王切開まであと10日。

              昨日辺り自己血を貯血する予定だったけど、血液検査で貧血値が上がらず貯血できず、鉄分2倍量にして点滴を続けています。

              点滴が止まっても管に残った点滴がもったいなくて、管を持ち上げてギリギリまで血管に流し込んでます。値を上げたいと必死になってるというより、単に貧乏性なだけです。

              月曜日に血液検査してそれでも値が上がらないなら自己血断念です。さすがに手術直前に血を抜くと、手術中に貧血になるかもしれないから。

              心を落ち着けるために予習をしようと思って帝王切開を画像検索すると、生々しい画像はおよそ動物の帝王切開シーンです。犬とか猫とか像とか。人間のはそうそう出てこないわよね。


              母がダラダラと過ごす一方で、上の娘は託児を満喫し、旦那は仕事休みまくりな様で。。。



              (´・ω・`;A) ご迷惑おかけしてます。同部署の皆様。。

              大企業の所詮一駒なんで代わりの人はナンボでもいるかもしれませんが、GW明けたら席が無いというのは平にご勘弁を。。。<( ̄口 ̄||)>



              娘さんは、託児中に自治体運営の巡回バスに乗せてもらって45分ほどのプチ旅行をしたらしく、喜んでたらしいです。

              基本的に車移動なので、バスに乗ること無いんですよ。。。

              鈴鹿サーキットの下見バスしか乗ったことないのよ、娘。

              (そっちの方がレアなんですけど)

              最近ではトイレはバッチリ言えるようになってきたみたいです。幼稚園入園前には普通のパンツで行けるようになりそうで一安心です。

              旦那の作る晩御飯がどうにも不味いらしく、拒否するようです。。。うん、まぁ、気持ちは分からんでもない。調味料単体で味付けするので、薄味&凝った味付けにならないという男料理。。。



              世の中のお父さんたち!!!!!

              もしくは嫁の来ないパラサイトシングル!!!!!

              奥様や年老いた親がいつ何時入院するか知れなくてよ。

              子供や年寄に毎日コンビニ弁当食べさせるつもり!?

              ちったぁ料理出来るようになっておきなさいよ!!!!!



              というのを、私は小学生の頃から実感してましたわ。。。

              週に1回くらい、旦那に自炊修行(子供が喜んで食べる料理というテーマで)させねばならぬな。(* ̄ー ̄*)ふふん!!



              入院生活もさすがに飽きてきました。新ドラマのガリレオとダブルスを見てイイオトコに癒しを求める日々です。

              退院まであと約18日。頑張ります。

              引っ越し、再び。

              0
                なんだかなーという話。

                突然MFICUから一般産科病棟へ逆戻りさせられた。

                重症患者が入ってきたかららしい。

                まあ、およそ予想は出来てたけど。。

                6人MFICUに入院していたらしいけど、そのうち毎日シャワーに入れていたのが自分ともう一人くらいだったから、本当に絶対安静の人が少なくとも4人はいたわけで。

                絶対安静ってのは、常に点滴打って、常にお腹の張りをチェックしてないと切迫早産の危険があるとかそんなレベルだと思う。

                張り止めに点滴要らずで警告出血も落ち着いてきてあと10日くらいで帝王切開だと決まってる全前置胎盤の自分なんてICUに居る意味が無い、というのは、素人でもわかるわ。

                でも、月曜日に引っ越して丸4日とたたないうちにまた引っ越しかいな。。。

                無駄に疲れる。。。病人じゃないとはいえ、お腹大きいんだから。立って
                るどころか座ってるだけでも辛いのに。

                しかも部屋を出されてから次の部屋が空くまで、実に3時間ほど待たされた。退院する患者を待ってたみたいで、夕方4時ごろナースステーション付近で、お世話になりました〜というような声が聞こえたり。

                産科の退院くらい午前中に終わらせれば良いのに。なんでこんな時間なんだか。

                というか、部屋が空くまで移動させるなよ。陣痛待機室で待たされるこっちだって疲れるわ。

                こんなことなら、最初の病室にずっといた方が余程楽だったわ。。。

                とブチブチ文句言いたいことが山ほどあるわけですが、看護師さんいわく、私だけじゃなくて何回もこう言うことがあったとか。医師の思いつきなのか熟慮あってのことかわからんが、振り回される患者と看護師にしてみればちょっとどころじゃなく迷惑。。。

                ここで文句を言っても仕方ない。文句も我儘も言うまい。

                我儘が通用するなら、家に帰りたいと精一杯の駄々をこねてやるわ。

                元の病棟に戻って来たわけだけど、最初の病室に比べて、ほんの少し狭いベッド脇の手の届くところに棚が無くて不便だし。。。

                病棟内に電子レンジがあるから我慢してやるわ。これで紅茶が飲める!


                そんなグダグダな一日でした。( ̄曲 ̄)キィィィィィィ

                引っ越し

                0
                  13660715503850.jpg
                  昨日、突然言われて病室を移動しました。

                  と言っても、同じフロア内の話ではなくて。

                  来る医師や看護師さん皆が

                  「今度のお部屋は広くて綺麗ですよ!」

                  「個人産院みたいな部屋ですよ!」

                  と言うので、いかほどかと思って引っ越したらビックリ。

                  元の部屋の2倍の広さ。

                  シックで落ち着いた雰囲気の色調。

                  ソファがモダンで大きい。

                  トイレがタンクレスのウォシュレット。



                  ・・・

                  貧乏育ちが寝るには、落ち着かねぇ(;´_ゝ`)



                  話を聞くと、ここは産科病棟のMFICUで、4月にリフォームされたばかりらしい。

                  MFICUというのはハイリスク妊婦のための集中治療室で、今産まれてこられるとちょっと困る患者の集まり。新生児集中治療室や産科の医局も実はこっちにあったりするらしい。つまり、今までいたところは産科病棟でも「離れ」なんだそうで。

                  誤解の無いように言っておくと、私の容態は全く変わってませんから。

                  痛くもなければ痒くもない。ICUに居なきゃいけないの?ってくらい。

                  いや、こっちの方が居心地いいんだけどね。電子レンジが無いのはちょっと困るけど。

                  ICUに居るから管繋がれて寝っぱなしってわけでもなくて、やってることは一緒。安静にしてるだけー。

                  面会も普通に出来るよ。



                  残念ながら、術後は離れに戻るらしいけどね。ぶー。



                  帝王切開まで、あと2週間。

                  昨日、手術と麻酔と輸血の同意書にサインしました。

                  ものものしい文書を読んで、生きて帰れるかという不安よりも、麻酔で吐き気が出るかもしれないという文面が一番不安感覚えましたわ。上の子の陣痛時に3回吐いたし、すぐ乗り物酔うし。そもそも手術前日から絶食なんだから、吐こうにも吐けないだろうしなー、とか、そんな些細な不安。

                  ベビ子さんと一緒に無事に生きて帰れますように。

                  ニヒルで愉快な若手男性医師、ドクターKに聞いてみた。

                  アタクシ:ここって何人いるの?

                  K:6部屋あって全部埋まってるよ。

                  アタクシ:私ってここに居なきゃならないような緊急性とかあるの?

                  K:全然無いです。みんなそうだけど。部屋が空いてるから、とりあえず気分転換にと思ってね〜。

                  そんなレベルです。

                  重篤な妊婦さんが来たらアタクシ追い出されるかもー。

                  鉄剤点滴

                  0
                    13659008269540.jpg
                    入院10日目。

                    来週の金曜日に帝王切開に備えて自己血を400cc貯血するとのことで、血を抜いた途端に貧血にならんように、一昨日から毎日鉄分を点滴されております。

                    点滴の針を刺すのも、オーバー40くらいのオバチャンナースになると、迷いが無くて綺麗に一息に刺してくれるので痛くない。ナースは、注射や点滴の時の素早さとか手つきで年齢がうかがえる、気がしてきた。


                    さすがに安静入院10日目で、まだこの先20日以上入院生活が続くと思うと、さすがに飽き飽きしてくるのだけど、ひとつだけ、持ってて良かったと思うものが有ります。

                    スマホ。

                    ガラケーじゃなくて、スマホ。

                    1月にガラケーからスマホに機種変更して、今になってやっと「ガラケーで充分」とは完全に思わなくなりましたのさ。

                    やっぱり、通信速度が速いから出来ることも多いってのは、良い。

                    ラジオもBGM代わりに快適に聴けるし、暇潰しに動画サイトで見逃したドラマとか見られるし、何より、鈴鹿サーキットの全日本レースのライブ中継がUSTREAMでタダで見られるのよ\(^o^)/

                    新しい物は、やっぱり良いよね。

                    持ってて良かったスマホ。

                    MRI検査

                    0
                      グッタリしてます。疲れた。。。まだちょっと心臓バクバク。。。

                      全前置胎盤の場合、子宮口で胎盤と子宮が癒着して胎盤が剥がれなくなってしまうことがあるらしく、そうなったら帝王切開と同時に子宮摘出手術もしなくちゃならんとのことで、その事前検査でMRI。

                      初めてやったよMRI

                      正直、二度とやりたくない。。。

                      前から「狭いところ大丈夫ですか?」と何回か確認されたけど、別に閉所恐怖症ってわけでもないから大丈夫だろうと思ってたんだけど、

                      あんなに狭いと思わなかった。。。( TДT)

                      人一人がギリギリ入れる白い筒、当然身動き取れなくて、目の前すぐそこが筒の天井。遠近感が無くて、視点が定まらなくて、呼吸困難になりそう。

                      本気でナースコール押そうかと思った。。。

                      かろうじて視界の上の方でほんの少し、筒の出口から部屋の壁と天井が見えてたのが救い。それ見えなかったら間違いなく押してたわ。。。

                      それでもドキドキ止まらなくて、ちょっと息苦しくて、終わるまで長かったぁ。。。

                      職員のお兄さんの「吸って〜吐いて〜吸って〜吐いて〜止めて!」というヘッドホン越しの声で安心しては、また不安になって、、、というのの繰り返し。

                      機械音がうるさいのは気にならない。むしろ静寂の方が怖い。。

                      お兄さん、歌って!!!!!

                      本気で思った。。。(´д`|||)

                      もしくは、筒の天井に「ウォーリーをさがせ」を描いて欲しい。

                      でなけりゃ、いっそのこと目隠ししてラジオ聴かせて欲しい。

                      終わって筒から出るときは目を瞑ってました。

                      出た後に職員さんに、「怖かったぁぁぁ(ToT) こんなに狭いと思わんかったぁぁぁ パニックになるとこだったーーー」と半泣き。そして冷や汗だくだく。。

                      病室に戻ってからもドキドキしてて、50代くらいの看護師さんと話してたら、

                      「私止めたことありますよ。入った瞬間ダメだって思ってナースコールすぐ押して、深呼吸させてって言いましたよ〜」

                      とのこと。

                      私も一度外出て深呼吸して覚悟決めてからもう一度入ればよかった。。。orz

                      あぁ、疲れた。。二度とヤだよ。

                      3週間後

                      0
                        4月30日、帝王切開の予定となりました。

                        それまでに緊急事態が発生しなければの話ですが。

                        安静にしろって言われてるので、極力寝てます。

                        元気なのに安静にしろと言われると、精神的に参ってくる人が多いらしいです。気晴らししたいって思ったら、調子みて少しだけ外出ても良いよと医者は言ってくれてますけど。

                        私的には、

                        あと3週間で寝ずの子守りが始まるなら、今こそガッツリ寝たいときに寝て、読みたいときに読書する。

                        2歳児の子守りもしなくていいんだから

                        まさにパラダイス\(^o^)/!!

                        と思って、参るどころか嬉々としてますけど、なにか。



                        入院生活5日経過しましたが、非常に退屈です。

                        見たい連ドラがスタートしないと、テレビ見ようと思わないんだよね。

                        ご飯時だけ付けてるけど、食レポ見ながら病院食食べるって残酷。。。せめて個人産院のステキな食事が食べたい!

                        眠くない時は、ひたすら東野圭吾を読み、たまに簿記1級の工業原価計算のテキスト読んでます。

                        あとはスマホで動画サイト見たり、アマゾンで東野圭吾本買ったり、Twitter、Facebook、mixiで暇潰して現代機器の便利さを味わったり。



                        ベビ子は実に元気な子です。毎日胎動チェックしてるけど、いつでもモゴモゴボコボコ動いて、きれいな波形を描いているそうで。「教科書に出てくるお手本のような波形だわ」と看護師さんに褒められております。

                        全前置胎盤の場合、胎児の発育に異常があったりすることもあるそうですが、その心配もなさそうで良い感じ。

                        上の子は託児所でお利口さんらしく、トイレも言えるし給食もおかわりするらしい。( ̄▽ ̄;)何その外面の良さ。家とは大違い。家でもそれくらいお利口さんで居てくれたら母楽なのにっっ。



                        あと3週間、頑張ろう自分。


                        PR

                        infomation

                        育児、庭いじり、バイク遊びなどなど、日々のアレコレをそこはかとなく書き綴ってみるブログ。
                        ブログランキング参加中。
                        人気ブログランキングへ
                        ↑↑ クリックお願いします☆

                        counter

                        合計 :
                        今日 :
                        昨日 :

                        links

                        blog ranking

                        twitter

                        TweetsWind

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << March 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス)
                        殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス) (JUGEMレビュー »)
                        くるねこ 大和
                        武家のご主人とトラ猫親子のドタバタコメディ。相変わらず笑いあり、涙あり、うまいこと描きますくるねこさん。大人編も楽しみです。

                        recommend

                        やつがれと枕荒らし―絵本漫画
                        やつがれと枕荒らし―絵本漫画 (JUGEMレビュー »)
                        くるねこ 大和
                        やつがれ3作目。子猫を救う優しい嘘。幸せいっぱいの絵本漫画。是非1作目から通して読んで頂きたい。

                        recommend

                        冷静と情熱のあいだ
                        冷静と情熱のあいだ (JUGEMレビュー »)
                        竹野内豊
                        好きが高じて、結婚式はフィレンツェで挙げました。街全体が芸術です。一生に一度は行ってみると良い場所です。

                        profile

                        書いた記事数:165 最後に更新した日:2014/01/21

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM